UNIVERSAL PAGE│ネム(NEM/XEM)の解説-mijinとネムの関係知ってる?-
ネム(NEM/XEM)
  1. ネム(NEM/XEM)とは
  2. NEMとmijinの関係
  3. Catapult(カタパルト)が凄い!
  4. 時価総額からXEMの価値を考察

ネム(NEM/XEM)とは

要点 :「ネム」はプロジェクトの名前/「XEM」は通貨の名前

ネム(NEM)は「New Economy Movement」の略で、2015年3月に公開されました。取引所等では通貨名である「XEM(ゼム)」と表示されています。

また発行枚数は約90億枚で全て発行済みです。ビットコインが約2100万枚である事と比較すると多く感じますが、用途と機能が異なりますので単純に枚数で比べて価値を 決めるのは非常に難しいです。しかし、投資する上で判断材料の一つとして時価総額からある程度伸び率を想定したりする事は有用と考えます。時価総額については後述します。


NEMとmijinの関係

「mijin」での開発状況/ニュースは要チェック

mijinは、仮想通貨取引所zaifを運営しているテックビューロ社が「ネム(NEM)」の技術を利用して開発したブロックチェーンです。

つまり、「mijinで開発された物=XEMに実装可能」という事から注目が集まります。

mijinについてはホームページで以下の様に説明されています。

ビットコインの生みの親である中本哲史によって発明された「ブロックチェーン」技術。 それを誰もが簡単にプライベートP2Pネットワークとして利用できるように開発された汎用プラットフォームがmijinです。 自社内、もしくはパートナー間でのみ利用可能な「Permissioned Blockchain」環境を構築できるため、 「ゼロダウンタイム」というブロックチェーンの恩恵を得ることができるだけではなく、圧倒的なセキュリティレベルと高いパフォーマンス、そして大幅なコスト削減を実現します。

-mijin公式HPより- http://mijin.io/ja/

簡単にいえば、「安くて!凄く早くて!セキュリティーレベルが高い」という事です。コアデベロッパーと情報交換が可能なディスカッションフォーラムもご用意されており、非常にオープンです。

「2018年までに金融機関のインフラコストを1/10未満に削減」

mijinは上記の様な壮大なプロジェクトを掲げています。テックビューロ社はすでに仮想通貨取引所を運営するなど、基盤がありミッションの達成が期待されています。


catapult(カタパルト)について

XEM価格高騰が期待されている!「2.0 Catapult」

catapult(カタパルト)はテックビューロ社とNEMの共同プロジェクトで、その目的は「処理速度の大幅(爆発的)な向上」です。

Catapultとは Catapultは、mijinバージョン1.0がJAVAベースであったのに対して、より高いパフォーマンスを実現すべく一からC++で開発を行った、mijinバージョン2.0のコードネームであり、以下の特徴を備えます。 APIサーバーとチェーンの完全分離。 APIサーバーにNoSQLデータベースを採用。 シングルノードのNoSQLを実装したAPIサーバーからの利用でも、月間若干数十万円の環境で、秒間数千以上のトランザクションを処理する環境を構築可能。 3レイヤーまでのマルチシグを実装し、稟議プロセスなどをそのままチェーン上で実現。 マルチシグ(複数署名)で、複数のトランザクションを同時に処理できる「Aggregate Transactions」を新規に実装し、第三者のエスクロー無しに取引の執行が可能。 テストの終了後、近日のオープンソース化とデュアルライセンスによる販売開始を予定。 2018年以降、NEMのパブリックブロックチェーンにも実装予定。 その他、新規実装点、改善点が多数。

-mijin公式HPより- http://mijin.io/ja/1230.html -ホワイトペーパー- http://mijin.io/catapult_whitepaper_ja.pdf

では「処理速度の大幅(爆発的)な向上」を目的とするカタパルトの凄さを検証していきましょう。

平均約3000件/秒・最高約4000件/秒

これは、クレジットカードで有名なVISAカードのシステムにも匹敵する速さです(あと少しで届く!)。

詳細は、ホワイトペーパーで確認してください。

では、他の仮想通貨と比べてみましょう。※2018.1.5時点

  • ビットコイン(BTC):約14件/秒
  • リップル(XRP):1500件/秒

最近、国際送金で話題になっている「リップル(XRP)」の速度を上回っています。

NEMは投機の対象のみならず、社会的な役割に大きく貢献できる潜在能力を持っていると考え、管理人はネムをガチホして成長を見守ります。

今後の動きに注目です!。


時価総額からXEMの価値を考察する

XEMは割安!まだ成長過程!

最近では価格の安い通貨が人気ですが、単純に「価格」でみては通貨の「価値」が判らない点注意が必要です。

2017年12月中旬時点では下記の通りです。

  • ネム(XEM):約90億枚・約100円/1XEM
  • リップル(XRP):約1000億枚・約100円/1XEM

つまり、単純にXEMとXRPの時価総額が同じであるならば、XEMの枚数はリップルの約1割りなので、「1000円/1XEM」のポテンシャルがあるという事になります。 (XRPよりXEMの方が割安・・・かなり乱暴な計算ですが)

しかしながら、時価総額や割安か否かは「判断する為の1材料」にすぎません。例えばリップルは国際送金に使用する訳ですから、世界中を賄うとなると1000億枚では少なすぎるという説もあります。

-https://coinmarketcap.com/より時価総額が確認できます。