仮想通貨 Blog 仮想通貨ニュース&ブログ│UNIVERSAL PAGE UNIVERSAL PAGE

ネムがバイナンスに上場

公式サイトへリンク -BINANCE(バイナンス)-
開設方法の解説ページ -バイナンス開設方法の図解-

「ネムがバイナンスへ上場!」その後を考察

目 次

  1. バイナンスCEOが上場を発言
  2. 「発表後」急上昇を振り返る
  3. OKExで「540円」をつけた事も
  4. ネムが買える日本語対応の取引所

バイナンスCEOが上場を発言


バイナンス上場を発言

バイナンスCEOのジャオ・チャンポン氏が,インタビューで 「ネムは世界中で特にアジアや日本で利用されているので、すぐにでも上場するつもりです。」と発言しました。

※「@TheCryptoLark」の2018/2/14のツイート参照

そして、2018年3月20日の今日正式に上場リスト入りをtwitterアカウントで発表しました。



「発表後」急上昇を振り返る


バイナンス上場でネム急騰

3月20日20:00時点、まだ「発表」があっただけでNEMの取引はできません。それにも関わらず30分で25%以上も値が上昇しました。

本来であれば上場して取引を開始してからの上昇の方が期待できます。取引開始前でこの上昇率は盗難XEM等のネガティブなファンダが消滅していないにも 関わらず需要が大きい現れかと感じます。

3月20日22:00時点、バイナンスでのNEMの価格は落ち着いています。しかし、中国最大の取引所、OKExに上場した時の事を思い出してください。 急騰したのは、約10日後でした。

ポイントは「上場後の急騰はタイムラグがある」

場合が有るという所です。

では以前、NEM(ネム)がOKEx取引所へ上場した時の高騰を振り返りたいと思います。

 OKExで「540円」をつけた事も

中国最大の取引所「OKEx」に、2017年12月25日17時頃(日本時間)上場しました。

上場後、出来高が急増しました。そして・・・

「2018年1月4日14:00頃」

事件が起こります・・

「540円!!!!!」


OKExで「540円」をつけた事も

もしこの時、奇跡的に売り抜ける事ができなら・・・とっくに億万長者でしたよね?(笑)

-BINANCE(バイナンス)-は香港の取引所です。同じ現象が起きないとも限りません。

バイナンスは、新規開設を制限している事があるので早めに開設して準備しておきましょう!


開設方法の解説ページ -バイナンス開設方法の図解へ-

 ネムが買える日本語対応の取引所

下記の4つで日本語対応しています。

最低でも、バイナンスザイフ は早目に開設しておくことをオススメします。バイナンスでは、日本円で購入することが出来ないので、「ZAIF」で「BTC」を買って送信する等が必要です。

また、バイナンスは本人確認前に取引可能です。日本の取引所では通常2~3週間期間を要しますので便利ですよね。

※本人確認をしないと、1日の引き出しが「2BTC」までに制限されます。


-BINANCE(バイナンス)- 即日開設可能で日本語対応もしています。
-Zaif(ザイフ)- ザイフの朝山社長はNEM財団ioの理事!
-coincheck(コインチェック)- 金融庁出身者を登用した事で安全性を徹底.
-DMM Bitcoin- NEMを取り扱う注目の取引所.FXもやる方はオススメ.