【GEMFOREX】│2万円証拠金もらえる(入金も不要で簡単)。キャンペーン!(2019年5月28日まで)
ニュース&トピックス

海外FX業者の免許登録についての考察。ライセンスを取得していれば安全なのか?

海外FXの金融ライセンス

海外FX業者の選び方の基準として「金融ライセンスを持っているか否か」で判断される方も多いかと思います。

しかし、一概に金融ライセンスといっても国によって審査が甘いものもありますし、単純に「ライセンス」が「安全性を担保しているモノ」とする事には疑問が残ります。

この記事では金融ライセンスの種類や代表的な取引所の金融ライセンス取得状況等について解説していきます。

この記事の結論
  1. 審査が簡単に通る様なライセンスは意味がない
  2. 厳格な基準で取得した金融免許であっても過信するのはNG
  3. 海外FX業者は複数に資金分散をして使うのが良い

日本の金融免許制度

FX取引は金融商品商品取引法2条8項20号に規定に規定する「デリバティブ商品の取引」に当たる。
そのため、FX取引所を日本国内で運営する為には第一種金融商品取引業(同法28条)の登録を受けなければならない。

第一種金融商品取引業の登録を受ける為の要件は非常に厳しく資本金の要件や管理体制の整備、常駐スタッフには当該法に精通している実務経験者を置く等多岐にわたる。

また、日本でデリバティブ商品を取り扱う為には信託保全の観点から膨大な資力が必要な上、レバレッジ規制に従う必要がある(4倍程度に規制される)。

つまり、日本国での金融ライセンスは相当に審査が厳しい為、第一種金融商品取引業の登録がされていればある程度信頼に値する。

海外の金融ライセンス

では、海外の金融免許ライセンスはどうか。
一般論として以下の国のライセンスの取得要件はある程度厳格であり信用度が高いと言われています。

  1. キプロス
  2. イギリス
  3. ニュージーランド

上記のうち何れかの国のライセンスを持っていればそれなりに厳しい要件は満たしているので一応トラブルは少ないだろうと考える事ができる。

有名どころでは、Trading Point (Seychelles) Limitedが提供している「XM Trading」はFSAのライセンスを持っている(セーシェルの金融庁認可)。
同グループの「XM」はCySecのライセンスを取得している(キプロス)。

ちなみにXMとXM Tradingは異なるサービスです。この様に同じグループでも受けているライセンスの国が違うということは良くあります。
つまり、XMは一方で基準の緩いセーシェルのライセンスを持っているが厳格なキプロスのライセンスも持っているのである程度信頼しても良いと考えます。

しかしながら、リーマン・ショックを思い出していただきたい。

リーマン・ショックは、2008年9月15日に、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングス(Lehman Brothers Holdings Inc.)が経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象を総括的によぶ。

なお「リーマン・ショック」は和製英語であり、日本においては一連の金融危機における象徴的な出来事として捉えられているためこの語がよく使用されている。英語では同じ事象をthe financial crisis of 2007–2008(2007年から2008年の金融恐慌), the Global Financial Crisis(国際金融危機), the 2008 financial crisis(2008年金融危機) などと呼ぶのが一般的である。文脈にもよるがthe financial crisis (金融危機)だけで「リーマン・ショック」を意味することも多い。
※引用:「https://ja.wikipedia.org/wiki/リーマンショック」 より

金融ライセンスは勿論の事、世界最大手のリーマンブラザーズでさえ債権者に全額補填など到底できていない事実がある。

つまり、要件が厳しい国の金融ライセンスをもっといようが、信託保全をしていようが完全には安心できないという事です。

AXIORY(アキシオリー)の例

現在、AXIORY(アキシオリー)とbitwalletとの間に問題が発生している様だ。

AXIORYといえば、IFSC(基準の緩いライセンス)の登録しかしていないが、親会社の「R Capital Solutions Ltd」はキプロスの「CySec」のライセンスを持っているのでXMと同様の評価をする事ができるかと思う。

今回のこの事例は非常に違和感があるので確認しておいていただきたい。もしかすると海外FX業界に大きな変革が起きる可能性すらある。

「bitwallet」とはフィアット(日本円)で入金するために必要なスキームを提供している企業

まず、「bitwallet」のプレスを見ていただきたい。

【注意喚起】AxioryGlobal社との契約解除について

2019.02.11
日頃より、bitwalletをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、当社は、2019年2月28日 24:00(シンガポール時間)を以て、Axiory Global社(Belize)への、決済及びウォレットの提供を全面的に中止いたします。同社は、2018年12月、これまでのメインバンクであったSparkasseから銀行取引停止処分を受けたことを確認しており、2019年2月現在、お客様への返金手段は非常に限られていると見受けられます。

当社(bitwallet)をご利用になりAxiory社へ入金したお客様は、お客自身の資産保全のため、早急にお引き出しいただく事を強くおすすめいたします。ご利用中のお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、早期の対応を重ねてお願いいたします。

引き続き、bitwalletへの変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
(引用:https://bitwallet.com/ja/news/201902111.html)

とある。他社の「出金」について言及するという点が「違和感」である。「攻撃的」な印象を受けた。

一方でAXIORY(アキシオリー)サイドの言い分は以下の通りである。

Bitwallet社との提携の終了につきまして

Bitwallet社からの「AxioryGlobal社との契約解除について」なるニュースレターをお受け取りになり、弊社へもお問い合わせを頂いております。 弊社は、Bitwallet社との業務提携を2019年2月28日をもって終了いたします。

ですが、Bitwallet社によるニュースレターにございます 「2018年12月、これまでのメインバンクであったSparkasseから銀行取引停止処分を受けたことを確認しており、2019年2月現在、お客様への返金手段は非常に限られていると見受けられます。」つきまして、情報の正確性を欠くものでございます。

昨年末に、Sparkasse銀行がユーロ圏外の金融機関へのサービスの終了したこと(Sparkasse銀行はこの決定を公表しております。)に伴い、業務提携を円滑に終了いたしました。
銀行取引停止処分等は受けておりません。

私たちAxioryは、最も正確な情報を、お客様に最善と判断したタイミングにて提供すべく日々努めております。
また、Axioryは本年、2019年に新時代へと進むべく準備を進めており、近日中にお客様へ公表いたします。

お客様に、お気に召していただけるものと確信しております。

今後ともAxioryを宜しくお願い致します。
(引用:https://axiory.com/jp/news/20190211.html)

つまり、本当に法的な問題が生じているならば「ライセンスの剥奪」があって然るべきなのに「Sparkasseから銀行取引停止処分」を言い分に強引に「bitwallet」が契約を解除した様な印象を受ける。

TARITARIは擁護

キャッシュバックを提供している「TARITARI」サイドは「AXIORY」を擁護する内容でプレスを出している。

bitwallet側の言い分としては下記となります。

Sparkasse Bankより取引停止処分を受けた
出金スキームが確立されていないため早期の出金を推進する
「Sparkasse Bankより取引停止処分を受けた」との連絡については問題ないかと思います。

そもそもですが、無ライセンスブローカー(gemforexなど)とも取引を行なっているbitwalletが特定銀行で取引停止処分を受けただけで注意喚起を行うというのはネガティブキャンペーンのような気がします。

仮に取引停止処分を受けたとしても現在Union Bank(リヒテンシュタイン公国支店)での口座を準備しているようですのでJumio(ID認証システム)に登録すれば電信送金縛りにはなるかと思いますが出金スキームは確立されております。
(引用:https://taritali.com/post-4903)

以上でわかる事は

  1. bitwalletを使えないとaxioryは困る
  2. bitwalletは無ライセンスブローカーにすらサービスを提供しているのに理由が腑に落ちない

つまり、bitwalletのフィアットから入金や出金をできるサービスを止められてしまうと、axioryの利用者は困る。

仮想通貨クラスタからすると、BTC入金が普通なのでフィアットで入金が出来なくても困る事は無いが為替FXの利用者からすると切実な問題と言える。

まとめ

以上の様に、ライセンス登録の有無によって一応は明らかな詐欺団体は避ける事ができるかと思うが、ライセンス的な問題よりもAxioryの様に入出金手段に制限がかかる場合の方が個人的にはコワイと感じる。

「bitwallet」との関係性だったり、コンプライアンス遵守が為されているかは一見して判断がつかない。つまり「ライセンスの有無」だけでは判断できない事が多くある。

高レバレッジ利用ができてゼロカット(追証が無い)が前提の海外FXは魅力的なのは間違ありません。

海外FXを利用する場合には「複数の取引所に資金を分散する」というのが妥当かと考えます。

個人的には実際に利益分が出金できた「gemforex」は無ライセンスながら「信用できる」と判断しています。

しかし、利用規約には「大量のLOT」で取引をする場合の事前連絡や「両建」てについての制限があります。事前にトラブルになりそうな部分は予め「利用規約」を良く読んでサポートに問い合わせをする事は必要かと思います(どこの取引所でも「自己責任」には間違いなにので利用規約まで確認するのは必須です)。

【NEW!】トレード手法を公開しました。
手法note