GEMFOREX│登録で【5000円】証拠金貰える!入金不要で貰えるので簡単(12/14まで)。
テクニカル講座

ダウ理論でトレンドを極める│押し安値と戻り高値

ダウ理論でトレンドを極める

ダウ理論,「押し安値」「戻り高値」

トレードを始める前にまず判断するべき事は、相場の状態です。
「上昇トレンド(アップトレンド)なのか?」、「持ち合い(レンジ)なのか?」、「下降トレンド(ダウントレンド)なのか?」

相場の状態を把握できなければ、適切なオシレーターを表示する事もできません。例えばトレンドが発生しているのに、レンジで良好に機能するといわれるRSIを信用してしますと
「ダマし」に合う確率が上がります。

ここでは、ダウ理論を使ってトレンドの判断をしていきます。使いこなして「ダマし」を避けていきましょう。

「押し安値」「戻り高値」

がキーワードになります。下記の図で用語から確認していきましょう。

(基礎理論がまだの方は、「ローソク足とダウ理論」に解説がありますのでご参照ください。)

「押し安値」の探し方

押し安値

「押し安値」を探す為には「戻り高値」を探す必要があります。

「戻り高値」は「直近最安値」の一つ前に位置する「高値」の事です。

上記図では、【↑青】が「戻り高値」です。これを起点にして見ていきましょう。

起点

「戻り高値」を上に抜いた時点(★)で、「直近最安値」だった所が、新しい「押し安値」(左側の図)となります。

さらに、この新しい「押し安値」を下回らずに切り返し、「高値」を切り上げた時点(★)で、新しい「押し安値」(右側の図)となります。

次に、チャートを逆にして「戻り高値」を探してみましょう。

「戻り高値」の探し方

戻し高値

「戻り高値」を探す為には「押し安値」を探す必要があります。

「押し安値」は「直近最高値」の一つ前に位置する「安値」の事です。

上記図では、【↓赤】が「押し安値」です。これを起点にして見ていきましょう。

戻し高値

「押し安値」を↓に抜いた時点(★)で、「直近最高値」だった所が、新しい「戻り高値」(左側の図)となります。

さらに、この新しい「戻り高値」を上回らずに切り返し、「安値」を切り下げた時点(★)で、新しい「戻り高値」(右側の図)となります。

ダウ理論、成立の定義

ここで、「ダウ理論が成立する場面」の定義を明確にしておきます。

(※人によって考え方は様々ですので、これを決めないとブレてしまいます。私が支持している説という事でお願いします。)

ローソク足実体で値を更新する

という点です。

ローソク足レベルでのダウ理論

ダウ理論(ローソク足編)
(※図 左:前回の「高値」を超える(上昇パターン)/右:前回の「安値」から下げる(下降パターン))

つまり、2本の内左側のローソクは髭(ヒゲ)でカウントし、右側のローソクは「ローソク足実体」で見るという事です。

下降トレンド成立要件

では、ダウ理論で下降トレンド(ダウントレンド)が成立する要件を確認しています。

ダウ理論(ローソク足編)
(※ビットコインチャート:2018.03.20-04.05)

「押し安値」を、下抜け(A地点)した後、に「戻り高値」に届かない様に作った「高値」(B地点)をつける。

そして、「新しい押し安値(A)」を「ローソク足実体で下抜けした時点」で下降トレンド成立となります。

では、ダウ理論で上昇トレンド(アップトレンド)が成立する要件を確認しています。

次は波形を少し細かく見て難易度を上げてみます。少し見ずらい場合は時間足を一つ短くしてみると良いです。

上昇トレンド成立要件

上昇トレンド。

「戻り高値」を、ローソク足実体で上抜け(A地点)した後、に「押し安値」に届かない様に作った「安値」(B地点)をつける。

なお、B地点直後の高値は、ローソク足実体で上抜きしていないのでカウントしない

「高値(C)」上抜けで上昇トレンド成立となります。

さらに、D地点で「新しい押し安値B」に届かず反発したので、上昇トレンド継続(青塗り部分)となります。

チャートレベルでのダウ理論の読み方と、トレンド判断について解説いたしました。

「ダウ理論だけ」でエントリー可能な事がお判りいただけたかと思います。

これを基礎にして、「オシレーター」と組み合わせるとさらに勝率があがります。

トレンドの判断については「移動平均線」でも可能です。是非ご参照ください。

【必須】ビットコインFXの取引所
クリプトGTの特徴
  1. レバレッジ200倍
  2. MT5対応。操作性最高!
  3. お得:手数料大幅値下げ!
ビットメックスの特徴
  1. レバレッジ200倍
  2. TradingView対応
  3. 半年間手数料10%OFF