GEMFOREX│登録で【5000円】証拠金貰える!入金不要で貰えるので簡単(12/14まで)。
テクニカル講座

移動平均線でトレンドを判断する。

移動平均線

移動平均線とは

移動平均線とは「一定期間の終値の平均価格」です。

通常「短期」「中期」「長期」と3本表示させて、価格との位置関係からトレンドを判断する為に使います。

期間の設定について

期間の設定は任意で変更可能です。株の取引きでは「短期:5日」「中期:20日」「長期:75日」を勧める本が多い印象です。

これは、取引所の営業日ベースで考えて「1週間=5日」「3週間=20日」「3ヵ月日=75日」としている説が有名です。

私の場合、ビットコイン(仮想通貨/暗号通貨)では土日も取引が可能という点から「1週間=7日」「3週間=21日」「3ヵ月日=90日」と設定する事があります。

他にも「フィボナッチ数列」の値を使用するトレーダーもいる様です。

トレンドについて

短期移動平均線(5日)の場合「一週間」の取引(売買)の平均コストを意味します。

移動平均が上向きであれば、「終値」の価格が上昇を継続している=「上昇トレンド」等と判断します。

トレンドを適確に判断できれば、その場面にあったインジケーターを選択することが可能になります。

例えば、「RSI」はレンジやBOX相場で良好に機能する傾向が見られます。

トレンドを判断する方法

では早速、「移動平均線」を表示させて見ましょう。

以下のチャートは、実際のビットコインの値動きを表したものです。ここではフィボナッチ数列の値、「短期(赤):8日」「中期(緑):21日」「長期(青):55日」を試していきます。

移動平均線

見分け方は単純です。

「短期(赤)」「中期(緑)」「長期(青)」の順番に並んでいて、交差していなければ「トレンド」が発生していると判断します。

上記の図の右側では赤>緑>青の順番で並んでいますので「上昇トレンド」中という事がわかります。

一方、左側のオレンジで囲んだ部分は、緑>赤>青の順だったり、移動平均線が交差しています(トレンド発生の要件を満たしていない)。

オレンジで囲んだ部分は、「レンジ」や「BOX相場」等と呼ばれ値動きは横ばいです。

例えば、「トレンドが発生中はMACD」。レンジ(BOX相場)はRSIという風に、「そのインジケーター」が得意とする場面で使い分けをするのが重要です。
(RSIはレンジが得意、MACDはトレンド発生中に良好に機能する傾向がある。)

まとめ

この様に、移動平均線はエントリーに直接使用するのでは無く「トレンドの状態」を把握する為に使用するのが合理的であると考えます。

この移動平均線を使用したトレンド判断は、自動で表示する事が出来るインジケーターの強みと言えます。
インジケーターは「初心者の味方」ですからドンドン試して見てください!。

「トレンドの判断」については、以下リンク先もご参照ください。

【必須】ビットコインFXの取引所
クリプトGTの特徴
  1. レバレッジ200倍
  2. MT5対応。操作性最高!
  3. お得:手数料大幅値下げ!
ビットメックスの特徴
  1. レバレッジ200倍
  2. TradingView対応
  3. 半年間手数料10%OFF